今更ながら、COOLPIX P900を購入

ニコンからすごいコンデジが出ましたね。換算24~3000mmズームのCOOLPIX P1000です。望遠もすごいが、サイズも大きく、値段も10万円以上と高い! 欲しいけど、ちょっと躊躇するサイズと価格です。

そこでふと、旧機種のP900ってのがあることに気付きました。値段は半値以下(約4.6万円)、一回り小さく、望遠は2000mmまでだけど、それでも過剰すぎるほどすごいです。

去年の夏に北海道ツーリング行ったときは、NEX-7に10-18mmと18-200mmの2本のズームレンズを持っていったけど、実際に使ったのは10-18mmが多かったです。望遠も好きだけど、北海道だと広角レンズのほうが出番が多いし、屋外でのレンズ交換はためらわれます。

18-200mmも十分高倍率レンズですが、広角スタートは換算27mmってことで、それほど広角ではありません。P900なら広角側も換算24mmと十分広角だし、ツーリング向けには最適かなと思いました。それでも広角が欲しければ、NEX-7に10-18mmも別途持っていけば良いのだし・・・


と言うわけで、COOLPIX P900を買っちゃいました。昨日届いたので、さっそく室内から大山山頂を撮影してみました。ちなみに以前はα99Ⅱ+望遠レンズでいろいろ撮影しています。

まずは換算85mm。ふつーに写ります。
画像


換算200m。AFのレスポンスは、NEX-7と比べても遜色ないです。α6500と比べたら遅いでしょうけど、持ってないし・・・
画像


換算500mm。私が持っているレンズの最大焦点距離と同等です。あっさり使えることに感動。
画像


P900の最望遠、換算2000mmです。手持ち撮影は、構図が定まらないため、一脚を使用してます。
画像


さらにカメラ内の電子ズームで換算8000mm!! 一脚使っても、構図は安定しません。数打ちゃあたるで撮影しましたw
画像


参考までに、α99Ⅱ+レフレックス500mmをスマートテレコン2倍で、さらにトリミングして5000mm相当?とした、過去の撮影画像はこんな感じでした。
画像


昨日は天候状態も良くなかったので、どちらが良いかの判断は出来ませんが、一台のコンデジでこの範囲をカバーするんだから上出来です! コンデジというよりは、ネオ一眼と言うべきでしょうけど。


レンズ込みのカメラの大きさは、NEX-7+18-200mmとあまり変わりません。重さはP900のほうが軽いです。中身が詰まっていない感じですw
画像


両者を最大望遠にするとこんな感じです。NEX-7のは200mm(換算300mm)、P900は357mm(換算2000mm)で、サイズ感はほぼ同等でした。
画像



ツーリング用途ってことでは、SONYの新製品DSC-HX99も、換算24~720mmってことで十分な望遠と、コンパクトなサイズで最適な感じですが、突き抜けちゃった製品に惹かれちゃいますねw


ちなみに、純正ケース(Nikon セミソフトケースCFDC7、1,648円@Amazon)と、互換バッテリー2個+充電器(1,480円@Amazon)も購入しました。互換バッテリーもちゃんと認識するし、純正バッテリーの充電もOK、ソフトケースにバッテリー2個入れて、カメラを入れて、ぴったり収納できました。


昨日はP900を持ってツーリング&紅葉狩りに行こうと家を出ましたが、バイクのバッテリーの調子が悪くて断念。やはり値段1/3の中華製バッテリーは、寿命も1/3かな・・・

今日はP900を持って動物園に行こうと昨日決めましたが、天候が悪くなり、現在は小雨模様。昨日の予報では晴れだったのに・・・

来週末こそは、紅葉狩りツーリング&動物園でP900の威力を発揮させたいと思います!



Nikon セミソフトケースCFDC7
ニコン
2014-08-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト








動物園に行ってきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック