梅雨の晴れ間に奥多摩詣で

この週末は天気が良かったので、さくっと奥多摩ツーリングに行ってきました。

私の愛車(2007 FJR1300AS)は、標高が高いところに行くと、アクセルを回してもエンジン回転数が上がらなくなることがたまにあります。ノッキングとは違うようです。エンジンを一度オフにすると治るので、気圧によるセッティングがずれているのかと思ってました。

しかし、ノッキングのようにガソリンのオクタン価が合ってないことが原因である可能性もあるため、今回は初めてハイオクを入れてみました。このバイクの説明書にはレギュラー仕様と書いてありますが、海外のレギュラーと日本のレギュラーでは若干オクタン価が違うはずです。

結果としては、エンジン回転数が上がらなくなる現象は発生しませんでした。しかし、レギュラーガソリンでも毎回この現象が発生するわけではないので、しばらくハイオクで様子を見ることにします。ハイオクの方がいつもよりもエンジンの調子が良い感じもしたし・・・ フラシーボ?


昼食はバイクの横に座って家から持っていったクラッカーを食べたのですが、そのとき目についたのが、サスペンションの固さを変えることができるレバーでした。これまでずっとソフトで運用してきましたが、峠だとハードの方がよいかもしれないと気付きました。8年近くたってやっとw

ハードに変えると、またがるだけでもサスが固くなったことがはっきりと判ります。奥多摩周遊道路をゆっくり走り始めると、カーブでの安定性が向上しているのが確認できました。8年近く(ry 家に帰るまでずっとハードで乗ってましたが、もうハードが標準で良いかなと。

ハイオク+ハードサスってことで、気分良く運転することが出来、調子に乗って奥多摩を6往復もしちゃいました。梅雨が明けると、真夏到来ってことで、次に奥多摩へ行くのは秋かな・・・

"梅雨の晴れ間に奥多摩詣で" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント